海外FX堂

海外FXはトレーダーにとって自由な選択肢がある

海外のFXで、口座を作り儲けようと思う場合の最大のメリット。それは、レバレッジの幅の高さ・広さにあります。最大で1000倍までの取引が可能であり、(当然ながら、リスクも伴う訳ですが)ハイリターンが可能であることです。実際には、外為、為替のレートによって、その時勢によって利ザヤの大きさも変動してきますが、個人の取引においては、日本の場合レバレッジの法令上限が最大でも25倍までと決められており、規制が入る前から取引をしているトレーダーにとっては、物足りなさをかんじるのです。制度上仕方のない事ですので、海外のFX業者(ワイバイナリー.comなど)に頼るしかありません。それを助長するように、海外のFX業者は日本のレバレッジ規制には該当しない為、既存の日本のレバレッジ規制の影響を受ける事がないのです。つまり、裁量が物凄く広くなっているので、大きなリターンを求めたいのなら、海外のFX業者を使用するのが最大のメリットです。

他にも海外のFX業者を利用するメリットがあり、例えば、初回入金と取引に関して、キャッシュバックをしてくれる業者もあれば、日本との時差を考えて、自動売買が出来るシステムを導入している業者もあります(MT4)。

クレジットカードで入金するシステムも然りで、日本国内から海外のFX業者へ入金・送金する際の手数料がかかる事を勘案して、即時決済、手数料無料でクレジットカード決済が円滑にできるようなシステムと個人情報の取り扱いの厳守(日本でも同じですが)等、日本のFX業者でも同様の取り組みがなされている。


FXの他の選択肢として注目業者!ハイローオーストラリア

また、その取引方法の違いもあり、日本の場合は「DD方式」といって、FX会社を通す事である一定の安全性を担保しながら取引をする方式を取っている。しかしながら、当然手数料が発生するなどの問題から、トレーダーとしては旨みが減る為、最近では海外のFX業者に倣って「NDD方式」と言う取引方法がとられるようになってきました。簡単に言えば、業者の裁量や約定を排除し、トレーダー個人の売買意思が明確に表されるフェアな注文方式に変更されています。

もう少しこの点に触れるとすると、DD方式の場合、トレーダーは
FX業者との取引をしているだけで、業者から先の実際の事情は見えない仕組みになっているのです。即ち、業者の裁量によって、トレーダーが泣いたり喜んだりするのです。そうした場合、業者は「自分たちが損をしないような仕組みで儲ける為にトレーダーと取引する」のであって、NDD方式の様に、トレーダー自身が直接FX業者をかませずに取引する方が、よりクリアにリターンが出せるのです。
現在では、NDD方式が主流になっていますし、それぞれの方式問わず国内のFX業者も変わりつつあります。

ハイリターンを求めるなら、より公平性が高くクリアな海外のFX業者を利用したいものです。無論、ハイリスクと言う部分も忘れてはいけませんが、国内のFX業者を利用して儲けを流出させるよりは、自分の見識でFXをした方が気持ちが良いと結論します。

 

失敗の限度額

FX取引で多額な損を出さないためには、失敗の限度額を設定することが大切となります。

機関投資家などのプロトレーダーでは、ひと月に出して良い損失額が設定されていることが多く、それ以上の損を出すと、その月は取引できなくなってしまいます。

このシステムを個人投資家も導入すればよいのです。
日、週、月とそれぞれの期間における許容損失額を設定し、仮にその金額の損をだした場合にはそれ以上取引しないようにするのです。そうすれば損失額が設定の限度額にかならず収まるようになり、それ以上の損を出すことはなくなります。

その一方、利益についての限度額は勿論、設定されません。

損失額だけ限度額が設定され、利益については限度が設けられないため、このルールに基づいてトレードを長くし続ければ、自ずと利益が溜まってゆくことになります。

大きな損を出さないためには、限度額を設定することが大切なのです。