海外FX堂

HIGHLOWバイナリー・オプションの「スプレッドHIGHLOW」

日本でも人気のある海外バイナリーオプションの取扱業者「HIGHLOWバイナリー・オプション」では、スプレッドのある新しい取引ルールを用いた「スプレッドHIGHLOW」を提供し、多くの投資家から高い評価を受けています。

このスプレッドHIGHLOWは、非常に高いペイアウト倍率が設定されているために、しっかりと利益を積み上げていきたい投資家にとっては、非常に有効な投資になりえる取引ルールなのです。

HIGHLOWバイナリー・オプションの人気取引ルールであるスプレッドHIGHLOWでは、投資予測が的中した際に払い出される配当金の設定であるペイアウト倍率が、2倍という非常に高い設定がされており、例えば10万円の投資を行えば、相場レートが高くなるか、低くなるかの二者択一の選択により、一気に20万円の利益を出すことができるのです。

こうした高いぺアウト倍率をもつスプレッドHIGHLOWですが、普通のハイ&ローオプションとは、どのように取引きルールが違うのでしょうか。

この二つの取引ルールは基本的には同じものであり、「ある物の相場レートが、一定の期間の後に、あらかじめ決められたレートよりも上になっているか、下になっているか」を予測するものになっているのですが、この「あらかじめ決められたレート」の部分に違いがあるのです。

調べる: ハイローオーストラリア.tokyo.jp

通常のハイ&ローオプションでは、決められたレートの値に対して、高くなっているか、低くなっているかの判定が行われますが、このスプレッドHIGHLOWでは、決められたレートの判定の値に、スプレッドと呼ばれる値幅が設定されており、この値幅内で取引時間が満了になった場合には、取引きが不成立となり、投資された資金はすべて取引業者に回収され、このことにより、スプレッドHIGHLOWでは2倍という高いペイアウト倍率を提示することができるのです。

なお、このスプレッドは、銘柄の相場レートの変動における「買値」と「売値」の値幅の事を指し、スプレッドHIGHLOWで投資取引を行うためには、レートの値動きと合わせて、このスプレッドも予測に加味する必要があり、より難易度が高くなるため、戦略性の高い投資を行うことができ、また、その配当金も2倍のペイアウト倍率であるために、充分な利益を見込むことができます。

もちろん、HIGHLOWバイナリー・オプションにはこのスプレッドHIGHLOW以外にも、通常のハイ&ローオプションの取引ルールを取り入れた「HIGHLOW」という取引ルールや、1分、3分、5分という短い時間で期間が満了になる「オプション・オンデマンド」や、さらにこれにスプレッドを取り入れた「スプレッド・オンデマンド」などの取引ルールも用意されており、その取引きと戦略はバラエティに富んでいます。

この他にも、海外のバイナリーオプション取引業者であるにもかかわらず、公式ウェブページからユーザーサポートまですべてが日本語対応であったりと、国内業者と変わらないサービスを提供しています。

また、スマートフォンなどでの取引きはもちろん、取引きに参加しているほかの投資家たちの投資動向を参考にした投資や、投資した取引きが思わしくない場合は、転売機能を使ってリスクを抑えることもできるのです。

こうした充実したサービスを提供するHIGHLOWバイナリー・オプションは、投資の初心者にもお勧めできるバイナリーオプション業者と言えるでしょう。

失敗の限度額

FX取引で多額な損を出さないためには、失敗の限度額を設定することが大切となります。

機関投資家などのプロトレーダーでは、ひと月に出して良い損失額が設定されていることが多く、それ以上の損を出すと、その月は取引できなくなってしまいます。

このシステムを個人投資家も導入すればよいのです。
日、週、月とそれぞれの期間における許容損失額を設定し、仮にその金額の損をだした場合にはそれ以上取引しないようにするのです。そうすれば損失額が設定の限度額にかならず収まるようになり、それ以上の損を出すことはなくなります。

その一方、利益についての限度額は勿論、設定されません。

損失額だけ限度額が設定され、利益については限度が設けられないため、このルールに基づいてトレードを長くし続ければ、自ずと利益が溜まってゆくことになります。

大きな損を出さないためには、限度額を設定することが大切なのです。